【驚愕】『団結のドミナリア』コレクターブースターから70万円が出る!?

『団結のドミナリア』コレクターブースターから70万円が出る!?アイキャッチ画像 ゲーム
・『団結のドミナリア』に封入された『ロスト・レジェンド』に関する内容です。
・「単純な確率からの客観的評価」「個人的な感想」をお話ししていきます。

こんにちは、アザ・キャストです。

2022年7月22日、『団結のドミナリア』ファースト・プレビューが公開されました。

団結のドミナリア_アート

MTGにおける「故郷」にして「伝説の地」、ドリナリア。

30周年ということもあり、公式から並々ならぬ熱が伝わってきましたね!

ですが、何よりも私達を驚かせたのは、思いもよらぬ存在のアナウンスではないでしょうか。

ロスト・レジェンド

そう、まさかのロスト・レジェンドです。

一体誰が、このような事態を予期できたでしょうか!?

そこで今回は、『ロスト・レジェンド』についての評価・感想をお送りしたいと思います。

・「ロスト・レジェンドとは何か」「客観的に見てどうなのか」「著者個人が感じたこと」
・この記事を読めば、ロスト・レジェンドについてより詳細に知ることができます。

この記事は5分程度のボリュームとなっています。

最後まで読んで、発売日の2022年9月9日までテンション上げていきましょう!

『ロスト・レジェンド』とは?

団結のドミナリアコレクターブースター

ウィザーズが『団結のドミナリア』のコレクターブースターにしかけた、サプライズ企画です。

公式アナウンス

深刻な顔をしたニュースキャスターの女性のイラスト

以下、公式から発表された内容となります。

むかしむかし……正確に言うなら1994年……どこか遠くの倉庫で、『レジェンド』が …… 姿を消しました。でも実は愛らしい『レジェンド』たちはケースごと棚に山積みにされていて、また見つけてもらえるときをずっと待っていました。待ち続けて、気づけばマジック:ザ・ギャザリングの30周年を迎えていたのです。

 そして今、皆さんは正真正銘の歴史の一端を手にすることになります。『団結のドミナリア』コレクター・ブースターには、1994年当時の『レジェンド』のカードがそのまま封入されている可能性があるのです。再印刷したものではありません。28年にわたってバインダーで保管されていたものでもありません。当時発売されたパックを開封して出てきたカードを無作為化した上で、『団結のドミナリア』コレクター・ブースターに封入し、特別なプロモーションとしたのです。それはもう丁寧に。

 もちろん、もう少し詳しくお伝えしましょう。『レジェンド』のカードはすべてのレアリティのものを封入したため、コモンからレアまでどのカードにも出現する可能性があります(当時は神話レアはありませんでした)。また、数量には限りがあったので、これら「ロスト・レジェンド」のカードはおよそ3%の確率で出現するように封入されています。「ロスト・レジェンド」のカードは、コレクター・ブースターから出現するフォイル仕様コモン1枚の代わりに出現します。カードは英語版のみで、もちろん非フォイル仕様です。

つまりどういうこと?

疑問を感じている男性のイラスト

「『レジェンド』って何?」
「28年前のカードがパックに入ってるかもしれないって……それはすごいことなの?」

 

MTGを始めたばかりの方は、このように思うかもしれませんね。

何故『ロスト・レジェンド』がプレイヤーに大きな衝撃をもたらしたのか?

簡単かつ具体的に説明するなら、次のようになります。

・1994年(28年前)に作られたパックが『レジェンド』である。
・2022年現在、1パックは14万円で取引されている。
・そんなパックが倉庫から大量に発見された(らしい)。
・「30周年を祝うサプライズとして、開封してパックに入れよう!」ということになった。
・『レジェンド』のトップレアの価格は、70万円である。

これは、お祭り騒ぎにもなりますよね!

(※価格につきましては、2022年7月25日時点の『晴れる屋』を参照しています)

客観的評価

策略を練る男性のイラスト

では、現実的に考えて「70万円のカードを入手すること」は可能でしょうか?

『ロスト・レジェンド』について、数字から見た客観的な評価をしたいと思います。

単純な封入率

くじを引く女性のイラスト

「特定のカードが出る確率」……などの難しい話はいたしません(私が数学が苦手なので!)。

もっと単純に、「『ロスト・レジェンド』1枚がどのくらいで出るのか」の話をしましょう。

・公式からは「およそ3%の確率で出現する」と発表があった。
・これはおそらく「(パックの)3%」である。

つまり、100パック中3パック≒33パックに1パックの割合で出現するということになります。

当選のためにかかる金額

お金のない男性のイラスト

そして、この1枚を体験するためにはいくらかかることになるでしょうか。

・『ロスト・レジェンド』はコレクターブースターからのみ出現する。
・コレクターブースター1パックは、2,420円(定価・税込)。
・2,430 × 33 =80,190円(税込)

理論上では、80,190円で『ロスト・レジェンド』1枚が出現するということになります。

『ロスト・レジェンド』の収録数・カードの単体価格

当たらないガチャガチャのイラスト

『ロスト・レジェンド』には、レジェンド』のカード244種が収録されています。

しかしその244種は、レアからコモンまで一切合切が混ざり合っており、価格は上限こそ70万と高額ですが、下限は50円です。

結論

NOと断っている男性のイラスト

「『ロスト・レジェンド』で狙った高額カードを引き当てるのは、奇跡でも起こらないと無理」

提示された情報をたどると、このような結論に至りました。

大型専門店レベルでも、普通に難しいでしょうね……

個人的感想

執筆のイメージ写真2

ここからは、主観的・直感的な感想を述べさせていただきます。

「ズルい!」

激怒する男性のイラスト

「ウィザーズの人達だけズルいんじゃあーーーッッ!!!」

ってなりましたね(笑)

ウィザーズ所有の品ですから、当然剥く剥かないの権利はかれらにあるわけですけど。

でも、こちらの映像(紹介用動画)を見れば、わかると思うんですよ……

開封めっっっっっっちゃ楽しそうやんけ!!!

時価14万円もするパックを剥きまくるとか、そりゃ最高ですよね!

しかも1パックとかじゃなくて、何十箱単位で!

ロスト・レジェンド動画のワンシーン

「チョコレートみたいな香り」とか……知らんわっ!!(笑)

消費者にもチャンスを!

うるうるしている男性のイラスト

「そんなに楽しいなら、我々ユーザーにも体験させてほしい!」

楽しそうに『レジェンド』を開封する動画を最後まで観た私は、MTGサポートセンター宛てにメールを送りました。

メールでの問い合わせ:jp-support@wizards.com

2022年7月22日サポートセンター宛のメール

拙文ですが、「カードもいいですけど、未開封のパックも入れたらもっと盛り上がるんちゃいます?」という旨で。

おそらく倉庫にあったという『レジェンド』のパックは、既に全て開封されているでしょう。

それでも、送るだけは送ってみました!

ちなみに返事としては、テンプレ感あふれる文章が返ってきました(笑)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

ユーザーの皆様の声は非常に重要で、 また私たちはより良いユーザー体験を提供するために取り組んでいるため、このようなフィードバックは極めて重要です。すべてのフィードバック、リクエスト、提案は検討のために適切なチームに送られ、直接回答が返ってくるわけではありません。しかしこれらが利用できるようになったことを伝える公式のアナウンスがないか、公式ウェブサイトをこまめにチェックするようにしてください。

ご連絡いただき、またご意見をお寄せいただきありがとうございます。

さいごに

団結のドミナリア

今回は、『ロスト・レジェンド』についての評価・感想をお送りさせていただきました。

筆者は購入するの?

心配そうな男性のイラスト

少なくとも『ロスト・レジェンド』狙いでは買いませんね。

やはりどう考えても、金額がかかりすぎる&確率が低すぎるので。

ウィザーズ・プレゼンツアイコン

8月18日の「ウィザーズ・プレゼンツ」でさらに『団結のドミナリア』に関する情報が出るとのことですので、それを見てから考えようと思っています!

 

皆さんはどのようにお考えですか?

Twitterもやっていますので、ぜひお聞かせください!