【MTG】『答えの要求』どう思う?【MKM】

【MTG】『答えの要求』どう思う?【MKM】 ゲーム
概要

・新セットのカードについて考察を述べていく記事です。
・今回は『答えの要求』について語ります。

駿河屋トレカ

カード性能確認

答えの要求

赤1・インスタント
① 追加コスト:アーティファクト1つ生け贄 or カードを1枚捨てる。
② カードを2枚引く。

第一印象

びっくりして目が飛び出ている男性のイラスト

「はいはい、新種の『苦しめる声』……ええっ!?」

いやぁ、マジでびっくりしましたよ。

いつもの同型再版だと思っていましたからね。

それがまさかの「手札を減らさずに2マナ2ドローできる赤の呪文」とは!

速足の学び

これには『速足の学び』も裸足で逃げ出すというものです!(笑)

スタンダードのサクリファイス先カード

追加コストのアーティファクトこそ必要ですが、スタンダードだけを見ても最近は「むしろサクってくれ☆」と言わんばかりのカードが結構な数あります。

なので間違いなく、『答えの要求』は使われることになるでしょう!

カード性能評価

できる男性会社員のイラスト

悪・即・斬せず24時間待ってくれるオレリアさんのスペルを見ていきましょう。

強み:2マナ2ドロー!しかも赤で!!

ガチャガチャでようやく当たりを引けた男性のイラスト

アグロや火力など、手札を薪にして攻める赤(特に赤単)にとって『答えの要求』は待望の1枚ではないでしょうか。

まずドローのためだけに、青をはじめとした他色をからめる必要がほぼなくなりました。

衝動的ドロー

加えて赤の代表的な能力、衝動的ドローと異なり、獲得したリソースの賞味期限がなくなったのも非常に大きいです。

これもオレリアさんが冷静に24時間待てるようになったからやな!

追加コストのアーティファクトも、最近では専用のデッキではなくても出しやすくなっていますから、ますます使われる未来が見えてきますね。

もちろん『苦しめる声』として、墓地にカードを送る使い方をするのもアリです!

  • ついに赤が、衝動的ではない&コストも難しくない2ドローを手に入れた

弱み:追加コストがないと……

カカシカード

手札で「ただのカカシ」になってしまいます。

「全くお笑いだ。メイ〇リクスが見たら奴も笑うでしょう」

こうした便利な呪文ほど、追加コストの存在を忘れがちになるものです。

激怒する男性のイラスト

最悪なのは、「コストにできるアーティファクトもなく手札もない状況で、起死回生を賭けたドローがこれ」となる状況ですね。

または2枚とも『答えの要求』だとしたら、せっかくのリソース回復呪文が1回しか打てず、とてももったいないでしょう。

なにかしらの形でアーティファクトを用意することを、どうかお忘れなく。

  • 追加コストの存在、ゆめゆめ忘れるべからず

採用枚数

策略を練る男性のイラスト

以上をふまえて、デッキに採用する枚数を考えてみました。

赤主体なら4枚、サブなら2枚か

ゴーカートに乗る男の子のイラスト(遊園地)

追加コストはあれど2マナ2ドローが普通に強いので、赤がメインカラーのデッキなら4枚フル投入でもおかしくはないでしょう。

贅沢を言うなら、サクリとディスカード両方を活かせる構築にできるといいですね。

赤がサブカラーのデッキなら追加のドローソースとして入れるデッキも出てきそうな気もします。

ミレックス

コントロールなら長期戦となるので、『ミレックス』で生成したトークンをコストにでき、コストの心配も減らせますね。

駿河屋トレカ

さいごに

答えの要求

今回は『答えの要求』ついてご紹介させていただきました。

筆者は使いたいか?

稲妻のらせん

稲妻のらせん』もあってトリコロールに惹かれており、ドローソースとして使う機会があるかもな~~とは考えています。

赤や緑はコントロールユーザーになってから縁遠くなっていますが、今回のようなカードが出てくると組みたくなってくるものですね。

ただ、デッキを0から構築するのはへたくそなので、どなたかのレシピを参考にすることになりそうな気もします(;^ω^)

推理

「最適解に至るまでの『推理』を楽しもうぜ!?」

それでは今回はこの辺で!

今回から#アザの新弾妄想 というタグでつぶやいていますから、よろしければそちらもどうぞ!

関連記事

関連商品