【MTG】『ひよっこ捜査員』どう思う?【MKM】

【MTG】『ひよっこ捜査員』どう思う?【MKM】 ゲーム
概要

・新セットのカードについて考察を述べていく記事です。
・今回は『ひよっこ捜査員』について語ります。

駿河屋トレカ

カード性能確認

ひよっこ捜査員

白・クリーチャー・人間・探偵
戦場に出た時『調査』を行う(手がかりトークンを1つ生成する)。
1/2

第一印象

スレイベンの検査官

「『スレイベンの検査官』はひよっこだった……ってコト⁉」

ば、バカな、そんなバカな!

あの戦闘民族イニストラード人がひよっこだと!?

そんな……そんなこと、あるわけがなかろう!

『イニストラードを覆う影』で一・二を争うコモンだったのだぞ!!

それを、まさか……ラヴニカ人などが同等の力を持つとは!!?

※ラヴニカの皆様、ごめんなさい

カード性能評価

できる男性会社員のイラスト

ひよっこのはずなのに性能は一人前なカードの詳細を見ていきます。

強み:パーマネント2種展開

ひよっこ捜査員+手がかり

本体は1マナ1/2、標準としか言えないサイズです。

しかし、1ターン目から2種類のパーマネントを展開することができます。

クリーチャーとアーティファクト、どちらを活かすにしてもたった1マナから両方が出せるのは相当な強みです。

パーマネント・アーティファクト・祝祭

パーマネント、クリーチャー(人間・探偵)、アーティファクトを活用するカードの対象になれるほか、1枚で『祝祭』を誘発させることもできます。

しかも生成される手がかりは、最悪2マナ1ドローに変換できるので腐りません。

冒頭の『スレイベンの検査官』も、同じ強みをもっていました。

  • 1ターン目から2種類のパーマネントを展開できるのは、やはり強い

強み(仮):探偵シナジーが期待できる

探偵の男性のイラスト

『カルロフ邸殺人事件』は探偵セットのため種族・探偵がフィーチャーされます。

まだカードが出揃っていないのでどの程度になるかはわかりませんが、少なくともリミテッドでは有効なものになりそうな気はしますね。

とはいえ1セットの種族シナジーって乏しくて後のセットにも続かないよなぁ、兵士と違って

  • 検査官に人間シナジーがあったように、捜査員にも探偵シナジーを期待したい

弱み:単体のスペックだとやはり物足りない……

困っている男性のイラスト

偉大な同型がいるため期待されがちですが、素のサイズ(1マナ1/2)が頼りないのは否定できません。

いくら手がかりが出せるとはいえ、それだけではあまりデッキに積みたいとは正直思えないです。

サリアの副官

当時の『サリアの副官』のように打点を高めたり、他の強い呪文の下地になれることを期待しつつ、続報を待ちたいですね。

ボロスアグロ

既存の結果を出しているデッキとなると、「ボロス(赤白)アグロでしょうか。

実質『ヴォルダーレンの美食家』8枚体制になる……ならない?(なりそう)

  • 1ドローできるアーティファクトがあるとはいえ、後からでも強くなれるギミックがほしい

採用枚数

策略を練る男性のイラスト

以上をふまえて、デッキに採用する枚数を考えてみました。

赤白アグロなら4枚、その他にも期待

ボロスアグロ_2

1ターン目から1マナクロック+『上機嫌の解体』用アーティファクトを出したいボロスアグロには、おそらく4枚積みとなるでしょう。

『解体』8積みとはいきませんが、起爆剤となるカードが増えるのも喜ばしいはずです。

それに加え、個人的にできることなら、それ以外のデッキも見てみたいと思っています。

「入るべくして入った」だけではなく、「入れてみたら思いのほかよかった」というのもいいものですからね。

駿河屋トレカ

さいごに

ひよっこ捜査員

今回は『ひよっこ捜査員』ついてご紹介させていただきました。

筆者は使いたいか?

アルバムを見ている老夫婦のイラスト

MTGに夢中になっていた頃のカードの同型ですから、使ってみたさはあります。

当時を知る他のプレイヤーも、懐かしさを感じているのではないでしょうか。

ただ私の場合、最近は以前ほどMTGをプレイすることが少なくなった上もっぱらコントロールですから、上手く使えるかはわかりませんね(苦笑)

それにしても、やはりこの効果で「ひよっこ」なのには何度見てもクスッと来ます。

次の訪問までには……イニストラード人よ!さらなる進化(インフレ)を期待するぞ!!

それでは今回はこの辺で!

今回から#アザの新弾妄想 というタグでつぶやいていますから、よろしければそちらもどうぞ!

関連記事

関連商品