【MTG】『戦導者の号令』どう思う?【MKM】

【MTG】『戦導者の号令』どう思う?【MKM】 ゲーム
概要

■新セットのカードについて考察を述べていく記事です。
■今回は『戦導者の号令/Warleader’s Call』について語ります。

MTGのオリパもありますよ!早い者勝ちです!

カード性能確認

戦導者の号令

赤白1・エンチャント
① コントロールするクリーチャーは+1/+1修正を受ける。
② クリーチャーが1体コントロール下で出るたび、各対戦相手に1点ダメージ。

第一印象

戦導者の号令の素

「令和のアンセムってこうなるのかぁ……」

『栄光の頌歌/Glorious Anthem』が『衝撃の震え』の効果を得たカード。

なぜかマナ・コストが頌歌のままという謎仕様です。

「なんで軽くなってんだよ、2マナはどうなってんだ2マナは」

全体バフだけでなく、地上が止められても数で押し切ろうとするのはまさにボロス、まさに数の暴力ですね。

なにげに各対戦相手指定なので、統率者でも使われるのではないでしょうか。

カード性能評価

できる男性会社員のイラスト

あわや大惨事ボロラク大戦となりかけたカードの詳細を見ていきましょう。

強み:とにかく数並べるのが強くなる

行列のイラスト

『戦導者の号令』の強みは「全体バフができる」「展開力が無駄にならない」の2点です。

強み1:1点が2点になる大きさ

婚礼の発表/婚礼の祭典

『栄光の頌歌』の時点で言えることではありますが、全体+1/+1修正は結構大きいですね。

最近なら『婚礼の発表/婚礼の祭典』で実感する人が多いのではないでしょうか。

ただの1/1が2/2になるだけでも、攻撃防御両面でかなり変わってきます。

どのくらい変わるのかは、実際にアンセム系エンチャントに対峙するのが一番わかりやすいです。

違いがピンとこない方は、おそらく環境にボロスアグロが増えると思うので、アリーナなどで体験してみてください!

強み2:後続を出すだけで脅威に

前へならえのイラスト

さらに今回のアンセムは、張った後にクリーチャーを出した数だけダメージが飛ぶ効果付きです。

つまり『カルロフ邸殺人事件』リリース後のアグロは、以下のような攻め方ができるようになります。

『戦導者の号令』での攻め方

① 序盤:1~2マナ域のクリーチャーを展開して削っていく
② 3ターン目:『戦導者の号令』セット、全体バフでさらに削る
③ 4ターン目以降:削り切れなかったライフをクリーチャーを出すことで詰める

アグロは序盤しのげば勝てる

そう思ってプレイしていた低速デッキ遣いにとって、まさに悪夢のような戦略が襲来するのです……!

  • 全体+1/+1バフは想像以上に強い。
  • 序盤のバフだけでなく、中盤以降は相手の防御を貫通してダメージを与える。

弱み:単体では仕事しない

困った様子の女性のイラスト

バフ対象や戦場に出すクリーチャーが尽きてしまうと、何もしてくれなくなります。

まぁ~『戦導者の号令』に限った話ではありませんけどね。

アンセム系エンチャントの宿命というものです。

とはいえただ強化するだけでなく、戦場に出した時点でダメージを飛ばしてくれますから、供給さえ安定すれば腐ることもなくなります。

クリーチャーを絶え間なく送り続けられるよう、デッキを構築しましょう!

  • クリーチャーが絶えてしまうと、号令本体だけでは何もできなくなる。
  • 後続を出すだけで勝ちに近づけるので、クリーチャーの供給網はしっかり形成する。

採用枚数

策略を練る男性のイラスト

以上をふまえて、デッキに採用する枚数を考えてみました。

安定の4積みっしょ!アッハッハッハッハ…

大笑いしている男性のイラスト

「アグロで3マナはどうなの?」

という声もあると思いますが、バフとバーンを同時かつ継続的に行える唯一性があるので4積みでいいと思います。

複数枚展開した時の恩恵も大きいですしね。

1/1であっても相手が対処できない数を揃えてライフを削って、最後は出すだけで勝てる状況を作りましょう!

押し込み&時間稼ぎのために『稲妻のらせん』を入れるのもいいかも?

稲妻のらせん

クリーチャーが欲しいので、せいぜい1~2枚が限度だと思いますが(;^_^A

さいごに

戦導者の号令

今回は『戦導者の号令/Warleader’s Call』ついてご紹介させていただきました。

価格はどうなると思う?

婚礼の発表

「『婚礼の発表』……再びか⁉」

明確な価格は分かりませんが、なんだか「やりそうな気配」を持っており、価格も現状から下がらないかもしれないとすら思っています。

こうした全体強化エンチャントは大抵価格が低迷するのですが、その定石を覆したのが『婚礼の発表』。

ゆっくり1/1を出してからアンセムするだけだと思われ100円だったカードが、3,000円になった前例です。

『戦導者の号令』も同じようになるとは限りませんが、予約段階から700円→1,300円と上々の様子を見せています。

少なくとも、プロが具体的なデッキ案を発表したこともあり、界隈からの期待がとても高い一枚なのは間違いありません。

※今後の価格についての保証はいたしかねます。あくまで自己責任でお願いいたします

それでは今回はこの辺で!

#アザの新弾妄想 というタグでつぶやいていますので、よろしければそちらもどうぞ!

関連記事

関連商品